ブックレビュー 英語学習 記事

コミュニケーションツールとしての英語を学ぶには?レバレッジ英語勉強法

最近では、google翻訳や同時通訳アプリなので登場により、英語を勉強する意味ってあるの?という声や、翻訳の仕事が大きく縮小してしまうのでは?という様なことをよく耳にします。

実際に翻訳業界の方に話を聞いてみると、翻訳業界でもAIや翻訳アプリの登場には脅威を感じているとのことでした。

確かに今からAIの発達のより、言語に苦労するという時代は終わるのではないかと思います。

おそらく、ここ10年のうちにはそうなってしまうのではないでしょうか?

しかし、英語を話せるということが全くの無駄かというとそうでもないのではないか?と感じています。

確かに、全く話せない方がこれから10年くらいかけて英語が話せる様になろうという目標を立てていたら、他のことに時間や労力を使った方がいいのでは?と思います。

最近読んだ本で「残念な人の英語勉強法」という本がありました。これで一番印象に残っているのが、TOIECなどで点は取れるけれど、英語を全く話せない人がいるということです。

それは、なんでなのでしょうか?

これは、日本語に置き換えてもわかるかと思いますが、「話す話題を何も持っていない人」です。これは、その言葉がわかるわからないに関係ありません。

言語はあくまでもツールと考えた時に、そのツールを使うための話題がなければツールを生かすことができません。

そうであるならば、今から翻訳ツールが発達することを見越して、英語の学習を捨てて、話す力、アウトプットする力を鍛えた方が効率的かもしれません。

すぐにでも英語力を向上する必要があるのであれば

とは言っても、

  • 海外出張が迫っている
  • 仕事で英語が必要になった
  • すぐにでも英語でコミュニケーションをとる必要がある

など、翻訳ソフトが発達するのを悠長に待っている時間がない方も多いかと思います。

その場合、ダラダラと英語の勉強に時間をかけるのではなく、できるだけ効率的に英語を勉強したいですよね?

そこで、今回紹介する本は、本田直之さんの「レバレッジ 英語勉強法」です。

本田さんは、現在はレバレッジコンサルティングという会社を経営しており、ハワイと日本のディアルライフを送っています。

読書会のおすすめ本である「ノマドライフ」も本田さん著作です。

特にこんな方にオススメの本

  • 英語は得意じゃない
  • 面倒くさがりでコツコツ努力するのが苦手
  • 仕事が忙しくて勉強する時間がない
  • 英語を話せるようになるまでに何年もかけたくない
  • でも、英語を今すぐ話したい

もともと英語は大の苦手だった

MBAも取得して、ハワイに暮らす本田さんなので英語は昔から得意だったのでは?と思う方も多いかと思いますが、実は会社員時代、英語が大の苦手だった本田さんは英語の電話がかかってくると無言で切っていたそうです。

そんな本田さんがMBAを取得し、ハワイで暮らすことを可能にした英語勉強法を本書では紹介しています。

間違った英語の勉強法

本書で印象的だったのが、本田さんのあげる英語学習7つの嘘です。

  1. 海外ニュースなどで「英語のシャワー」を浴びる
  2. 英語のテレビドラマや映画をみる
  3. とにかく英会話スクールに行く
  4. まずはTOEICを受ける
  5. 単語力をつければリスニングもスピーキングもOK
  6. 中学生に戻ったつもりで英文法を学ぶ
  7. 思いきって留学する

これらに共通することは、興味がないことをどれだけ聞いてもわからないし、コミュニケーションのツールとして英語を捉えた時に無駄が多い学習法ということです。

一時期、聞き流すことで英語力が上がるという教材が流行りました。仮に、日本語で裁判所の判例記録をえんえんと聞いて理解できるかといえば答えはNOでしょう。

特に忙しいビジネスパーソンにとって、長々と英語を勉強する時間はありません。できるだけ効率的に、すぐに使える英語を学習することが大切です。

英語を話せないメンタルブロック

英語の学習方法をご紹介する前に大事なことが1つあります。それは、英語を話すこと対するメンタルブロックです。日本人は、中学校から始まり大学までの10年間を英語の学習に費やしますが、世界でも有数の英語が話せない民族です。

それはなぜなのでしょうか?

それは、英語に対するメンタルブロックとアウトプットの少なさだと本田さんは言います。おそらく、多くの方が変な英語を話すと恥ずかしいと感じているのではないでしょうか?

安心してください、ペラペラでない英語こそが世界のスタンダードです。日本の教育は英語の点数を正解・不正解で判断するため、間違ってはいけないという強いプレッシャーをかけられます。

しかし、海外に行ってみると文法も発音もむちゃくちゃだけど、堂々とコミュニケーションを取ってビジネスをしている方がほとんどです。要は伝えたいことが伝わって、コミュニケーションが取れればいいのです。

私も海外で生活する中で、意外とみんな変な英語を話しているのだなとわかってから、メンタルブロックが外れた気がします。

伝わるかなとオドオドするよりも、変な英語でもガンガン行った方が海外では気持ちよく生活できます。

具体的にどんな方法でレバレッジを効かせて英語を勉強するのか

偏った英語を勉強することでレバレッジをかけて英語を学ぶ。

インプット

何と言ってもまずは、インプットが大事ですので、偏った英語をインプットします。偏った英語とはなんなのかというと、分野を思いっきり絞るということです。

好きな分野の英単語を100個リストアップ

本田さんはワインとサーフィンが好きなので、その二つで使う英単語に絞って学習したそうです。

例えば、料理が好きな方であれば料理に使う単語、IT系の仕事をしている方であればITに絞った単語を100個リストアップします。

その分野の話であれば、大丈夫という領域を作って行くということです。それをどんどん増やして行くことで、話せる領域を増やしていきます。

好きな分野の英語フレーズを20個リストアップ

偏った英単語の次は、20個の偏ったフレーズをリストアップします。好きなことがサーフィンであれば、「今日の波はどんな感じ?」などです。

料理が好きで、その分野でフレーズを挙げるとすれば、「そこに置いてあるきゅうりを切ってくれる?」などでしょうか。

偏ったリスニングで英語のリズムになれる

リスニングの教材についても偏った内容のものを選び、リスニングでは英語のリズムを学びます。リスニングも興味があり、背景知識のあるものを選ぶことが大事です。

アウトプット

英語を話せるようになるためには、積極的にアウトプットをすることが大事です。そのためにも効果的で自分にあったアウトプット方法を見つけましょう。

カスタマイズした英会話スクールに通う

英会話にもグループ形式のものや個別授業のものがありますが、グループだとどうしても自分が興味のない分野の話も出ます。

そこで、一番効果的なのは、先生の興味のある分野が自分の興味がある分野と合致することです。映画に興味がある方は、映画の話が得意な先生を選び、その先生から継続してレッスンを受けることが効果的です。

確かに個別の方がグループよりも割高ですが、短期間で効果を上げようとした場合にはこの方が効率的です。最近だとインターネットを活用した格安の英会話もあるので、そう行ったサービスを利用してみるのもいいかと思います。

ビズイングリッシュ
  • ビジネス向けのオンライン英会話
  • 無料カウンセリングあり。
  • 返金保証あり。

・BizEnglish(ビズイングリッシュ)

産経ヒューマンラーニング株式会社
  • 産経が提供するオンライン英会話
  • 193円/1レッスン〜

・産経オンライン英会話

自己紹介を極める

英語の本を読んでいても、「これっていつ使うの?」という文が並んでいることも少なくありません。その点、自己紹介は絶対に使います。

しっかりと作り込んだ自己紹介を作ることで、自己紹介がしっかりとしたアウトプットの場として成り立ちます。

「きっかけ語」、「あいづち語」を用意する

何か話したいと思った時、誰かに話しかけられた時にものすごく役に立つのが「きっかけ語」、「あいづち語」です。長い言葉は話せないという方でもこれがあると、外国人と話を続けることが楽になりますし、何かを話たい!と思った特に話を切り出したくなります。

まずは、これだけでも覚えておきましょう。

まとめ

本田さんが本書で言っているのは、「一生英語を話せない人生か3ヶ月で英語を話せる人生か」です。それに必要な時間は、180時間。一日にすると2時間です。

なんとなく英語を勉強するのではなく、短期間で効率的にがこの本のテーマですので、しっかりとした計画を立て取り組むことが大事です。

これを機に英語が話せるようにあり、世界を飛び回りたい、たくさんの海外の人とコミュニケーションを取れるようになりたいと!という方は本書を読んでみてはいかがでしょうか。

TOEICの攻略法なども載っていますので、仕事でどうしてもTOEICの点数を上げないといけないという方も読んでみるといいのではないかと思います。

-ブックレビュー, 英語学習, 記事
-, , , , ,